借り上げ寮のメリットとは?

nygty

看護師として働いている人は寮に住みたいと思うかもしれませんが、
すべての病院が専用の寮を持っているわけではありません。

しかし病院の近くの賃貸物件に住むときに家賃を負担してくれる
というところも少なくないようです。

 

これを借り上げ寮と呼びますが、
一般的には家賃の半額程度を病院が援助してくれることが多いのです。

借り上げ寮のメリットは通常の賃貸物件に半額の家賃で住めるということと、
あまり人間関係に悩むことはないということでしょう。

 

ただ、専用の寮とは違い水道光熱費は自己負担になるので、
経済的には厳しいと感じる人もいるかもしれません。

病院の寮というと一人暮らしをするためのものと考えがちですが、
実は家族ですむための寮というのもあります。

 

特に男性看護師の場合には家族で一緒に住んだほうがメリットが大きいと
感じる人もいるかもしれませんね。
ただし当然家族で寮に住む場合には一人暮らしよりも広い部屋が必要になります。

そうすると気になるのは家賃ですよね。都内の病院では
2DKの家族寮で3万2500円程のところがあります。

 

近くにある一般の賃貸物件の場合には6~7万円程度なので、
やはり通常の半分くらいの家賃で暮らせるということになるでしょう。

家族みんなで安い家賃で暮らせるという大きなメリットがありますから、
一度検討してみてもいいかもしれませんね。

 

 

Comments are closed.